manetaramaneta

ブーブパッド〜修理と料理は自分で出来る〜

未分類

【ディーラー車検のメリットとデメリット】車検をより安くするための方法

投稿日:




cheaper-dealer-shaken


新車や社用車をのぞく一般車は、通常2年に1度車検の時期がやってきます。

車検を安く抑えたいと思ってはいるものの、
種類と手間の多さに後回しにしがちな車検。

ときに10万円以上の費用がかかる車検費用・・・

今回は「ディーラー車検はなぜ高いのか」と疑問に感じている方に、
今一度ディーラー車検の重要性と価格を抑える方法について解説!

結論から

安心、安全、信頼性、クオリティーを考慮するのであれば一番はディーラー車検
安さを追求するなら格安車検業者を比較
価格は抑えたいけど修理も怠りたくない場合は民間車検

車検にかかる「法定費用」と「基本料金」

車検の際には「法定費用」と「基本料金」を合算した金額を支払うことになります。

「法定費用」

印紙代(検査手数料)
自動車重量税
自賠責保険料

上記3点は依頼先を問わず必ず支払わなければならない費用です。

金額は車種や年式によって法律で定められているため、業者は問わず価格の変動はありません。

「基本料金」

車検に通すための点検・整備に必要な費用です。
整備内容により金額が変動し、同じ部品でも業者により単価が異なります。

車検には格安車検、民間車検など、さまざまな方法がありますが、
ディーラーに依頼するメリットとは何なのか。

一方、安さが重要と考えている人は、直営店のメリットをよく理解することで、点検の重要性を再確認できます。

では、具体的にどのような強みがあるのかを見ていきましょう。

ディーラー車検の特徴

ディーラー車検とは、その名のとおりディーラーに直接 点検・整備 を依頼する方法です。

メーカーと契約を結んで車を販売しているため、ひとつのメーカーに限定した、より専門性の高いサービスを提供する特徴があります。

車検に必要な「法定費用」は、法律で定められているため業者が変わっても費用の変動はありません。

車検総額の差が出るのは、点検や整備といった「基本料金」です。

一般的にディーラー車検は高いといわれていますが、信頼性の高さから依頼を続ける方は数多くいらっしゃいます。

特に、ディーラーから車を購入した場合は、車検も同じ店舗に依頼するケースが多いです。

ディーラー車検のメリット

1自動車メーカーの看板を掲げ、信頼度は御墨付き
2正規ディーラーにしか提供しないマニュアルがある
3純正パーツで交換してくれる
4整備の質は保障されている
5メーカー車種の情報や知識に詳しい
6コンピューター制御車種でも車検に出せる
7予防整備などもできる

1自動車メーカーの看板を掲げ、信頼度は御墨付き

ディーラー車検とは、自動車メーカー系列の販売会社であるディーラー自身が実施する車検です。

ディーラーはメーカーとしてのブランドを掲げているので、設備、技術レベルともに一定以上の水準を維持しています。

従って自動車メーカー系列の販売会社であるディーラー車検は信頼度◎

2正規ディーラーにしか提供しないマニュアルがある

ディーラー車検の最大の特徴として、ブランドに対する信頼性は非常に高いです。

メーカーが正規ディーラーにしか提供しない整備マニュアルがしっかりとあるので安心して任せられます。
そのため、車種ごとの整備も完璧に行えます。

また自社製品の車に対する知識も豊富で、交換した方がよい部品や、車の維持などのアドバイスなどもしてくれるので安心です。

3純正パーツで交換してくれる

ディーラーは特定メーカーにのみ対応しているため、自社の部品を取り寄せられます。

ほかの業者では社外部品を取り付ける場合もありますが、ディーラーではすべて純正パーツの交換が可能なのです。

純正の部品で安全性を高められるだけでなく、車を売る際にも高価買取りが期待できます。

4整備の質は保障されている

ディーラー車検は、ほかの業者に比べて質が高いといわれています。

これには「メーカーの名前を背負っている」という理由があり、

メーカー全体の評判を下げないための取り組みともいえるでしょう。

点検の精度を上げるためにコンピューター機能を導入しているメーカーもみられます。

目視では気付きにくい不具合もみつけやすく、さらなる質の向上が期待できる点も魅力的です。

5メーカー車種の情報や知識に詳しい

ディーラーに勤務する整備士は、取り扱うメーカーに関する知識が豊富です。

メーカーによって構造の特徴に違いがあるため、点検すべきポイント・故障の多い部品といった情報の詳しさはディーラー点検のメリットといえます。

豊富な知識は、故障時だけでなくふだんのメンテナンスを行う際にも有効です。

定期的な手入れのタイミングについてアドバイスを受けたり、新しい情報を手に入れたりもしやすいでしょう。

車検以外でも相談できる点はディーラーの大きな魅力です。

6コンピューター制御車種でも車検に出せる

ディーラー車検は、最新モデルのハイブリッドカーでも分解整備できます。

民間の整備工場では対応できない場合でも、ディーラー車検であれば、
自社メーカーの車種特有の分解整備や、コンピュータ系の整備にも、

ハイブリッドカーなどのコンピュータ制御の最新車種の専用テスターも備えているので、すべて対応が可能です。

7予防整備などもできる

車検の際に行う整備は、あくまでも「車検に通すための最低限の整備」です。

すべての部品の安全性を確認したわけではないため、車検後に故障して修理が必要になるケースも少なくありません。

こういったトラブルを防ぐのが「予防整備」です。

予備整備ともいわれますが、なるべく細かい部分まで点検し、
必須でなくとも修理すべき部品をピックアップしてくれます。

整備をするかしないかはユーザー判断ですが、
「定期的な点検は車検時のみ」という方にとっては安心なサービスです。

以上がディーラー車検のメリットと言える大きな特徴です。

ディーラー車検のデメリット

1車検費用が高くなりやすい

1車検費用が高くなりやすい

ディーラー車検が高額になりやすいといわれる理由は

「基本料金」と「予防整備」が大きな理由です。

ガソリンスタンドやカー用品店などでは、

基本料金 小型乗用車(〜1.0t)例:ヴィッツ・フィット・マーチなどが1.5万円~8万円が相場であるのに対し、
ディーラー車検は2.5万円~10万円が目安となっています。

また、ほかの業者に比べて技術料が割高であることも理由のひとつです。

技術と知識の信頼性が高いため、数万円割高でもディーラーに依頼したいという方もいるでしょう。

さらに予防整備が加わると、必然的にディーラーでの車検費用が高額になるのです。

格安車検の特徴

車検はあくまでも検査を受けた時点で安全基準に達していれば合格となります。

格安車検は、車検が安くなること重要視しているため、全く整備がないという事はありませんが、
車検に合格する範囲でしか整備は行いません。

テストで言えば赤点にならなければ大丈夫と言った感じでしょうか。

格安車検のメリット

1何と言っても価格が安い
2短時間で作業が終る

1何と言っても価格が安い

文字通りですが、車検費用を安く抑える事が出来るという事が一番大きいメリットとなります。

特にチェーン店やユーザー代行などの車検の場合は、料金の安さを全面に出しており、

他店との価格競争が生まれユーザーとっては嬉しい、価格の安い店舗を選ぶ事が出来ます。

2短時間で作業が終る

お客様にとって待ち時間が短く済むという点もメリットの一つと言えるでしょう。

車検の店舗を探し、各店舗に足を運び見積もりを取り、

総額を比較した後の車検の依頼をすると言ったただでさえ手間が多い車検に、

時間を取られたくないと思う方にはオススメです。

格安車検のデメリット

1料金が安い以外にお客様に提供できる価値が少ない
2短時間作業のため、希望する整備が受けられない
3料金の差以外の品質・技術などの差がわかりにくい

1料金が安い以外にお客様に提供できる価値が少ない

料金を安く設定することにより他社との差別化を行っています。

しかし、車検は2年に1度のメンテナンスのタイミングということを考慮した場合には、頼りがいがあるとは言い切れません。

2短時間作業のため、希望する整備が受けられない

車検に合格するため以外の整備に関しては、自己責任での管理が必要になります。

もちろん整備を必要とする場合は、価格はかわりますが、
車検メニューに切り替えて対応されている工場もあります。

ただし、車検の安全基準以外の修理を行う事が出来ない場合もあります。

3料金の差以外の品質・技術などの差がわかりにくい

料金の違い以外でTV、雑誌、チラシ、CM、はもちろん、ネットで見ても、
対応の善し悪しをのぞく技術良さが確認できません。

工場によっては車検に合格させるだけを基準にしている場合もあり、

お客様の安心や安全のために点検や整備を行うという考えを持っていないところも実在します。

困ったことに、料金の違いだけではそのような工場かどうかは判断ができません。

格安車検だからといって整備についての疑問にあいまいな回答や、

車検の契約欲しさに他との比較をさせないなどの違和感を感じたら、

断る事も1つ選択肢として持っておきましょう。

民間車検整備工場の車検の特徴

ディーラーよりも安く修理することができます。

ただし、民間車検の整備工場は、評価が可視化されておらず、

口コミによる判断となる為、評判の良い整備工場をして知っている方にはオススメです。

多くのメーカーの車に対応するためには、幅広い知識や技術が必要になりますので、

工場によってはディーラーよりも技術力の高い工場があります。

評判の良い整備工場を見つける事が難しい反面、
ディーラーよりも安めの金額で、しっかりとした 点検・整備 が受けられる事が大きな特徴です。

民間車検整備工場の車検のメリット

1基本的にはどのメーカーの車でも作業が可能
2料金がディーラーよりも安い
3純正部品以外の部品でも対応してくれる
4部品交換だけではなく、部品の修理にも対応してくれる

1基本的にはどのメーカーの車でも作業が可能

ディーラーとは異なりますので、特定のメーカーの車だけ主に整備しているということはありません。

「特定のメーカーに強い」ということをアピールされている工場もありますが、基本的にメーカーに限らず作業が出来る事が多いです。

2料金がディーラーよりも安い

ディーラーは、メーカーの求める整備品質や基準を自社で持ちサービスを提供しますので、

どうしても物とサービスの品質との引き換えに、作業工賃が高くなったり、純正部品料金が高くなりますが、

民間車検の整備工場は、一つのメーカーに縛られないことで、幅広い知識や技術からお客様にとって最良の方法を選択することができ、ディーラーと比べると料金が安くなることが多いです。

3純正部品以外の部品でも対応してくれる

民間車検整備工場では特定のメーカーの部品を売る必要はないですから、お客様にとって良い部品であればメーカーを問わず使用することができます。

4部品交換だけではなく、部品の修理にも対応してくれる

例えばヘッドライトの点灯不良で、電球の交換をする場合、純正部品代が約7千円〜1万円+交換代がディーラーではかかってしまうとして、

民間車検整備工場では3千円で交換代も込みだったという事もあります。

もちろん、全部を修理できるというわけではありません。その場合でも、ディーラーでは対応を断られるような社外品、中古部品、リビルト品などで幅広く対応してくれます。

民間車検整備工場の車検のデメリット

1工場によって技術力に差がある
2工場が持っている設備に差がある

1工場によって技術力に差がある

ディーラーのようにメーカーの技術的な支援があるわけではない民間車検整備工場では、個人の技術力に大きな差があります。

そのため、自社で解決できない問題に関しては、他社に整備を委託している工場もあります。

委託をする事はその分仲介の手数料分が余分にかかり、
ユーザーにとっては余計な費用がかさむ事になります。

2工場が持っている設備に差がある

民間車検整備工場では、ディーラーのようにメーカーの支援があって、
メーカー指定の工具やコンピューター(外部診断機)を必ず持っている訳ではありません。

必要な工具などの設備は、当然ですがそれぞれの工場が自分達で揃える必要が有ります。

どんな工具・設備を揃えるのかは、どんな整備をするのか・どんな車に対応するのかで大きく変わります。

特にハイブリットカーはたくさんのコンピューターやセンサーがあり、
車の調子が悪い・警告灯が点灯したという時に、車のどこが悪いのかを確認する事が出来ず、
コンピューターを接続しないと出来ない作業が存在します。

そのため、個人での技術力同様に解決できない問題に関しては、他社に整備を委託する事になります。

しかし、実際委託しているか関しましては、確認の有無をとる事は難しいでしょう。

車検をより安くするための方法


1ディーラー車検が安くなる可能性があるタイミング
2決算月での車検が最適
3月末も狙いどき

1ディーラー車検が安くなる可能性があるタイミング

信頼性の高いディーラーで車検を受けたいけど、やっぱり金額の面で決断できないという方は、

「基本料金」が安くなりやすいタイミングを狙って計画を立てましょう。

必ず値下げされるわけではありませんが、「決算月」「月末」の2つのポイントが、
売り上げ目標があるディーラーとユーザーとの交渉がまとまりやすいです。

2決算月での車検が最適

具体的には、車検の時期が3月か9月の方は、決算期を利用して早めに見積もりを依頼するのがいいでしょう。

決算直前は、車検による売上を増やすために目標台数を多めに設定するディーラーが多くみられます。

来店までされて、断られてしまっては、営業マンとしては大大大損失。目標突破のチャンスを逃しかねません。
少し価格を下げてでも依頼してもらえるのであればお互いにとってもメリットがあり、価格交渉が成立しやすくなります。

あくまでお願いをする立場という事を理解し、
何社か見積もりを取った上で、予算を決めて下準備をした状態であれば、

思った以上に見積もりが高い場合でも、ディーラのメリットを十分に理解している事を伝え、それでもどうにかならないか提案をする事で、
交渉の土俵にあがる事ができるでしょう。

3月末も狙いどき

ディーラーの多くは、月単位で目標台数を掲げています。

決算月と車検時期が重ならない場合は、月末のタイミングに合わせるのも有効な方法です。
各ディーラーの目標は、新車の販売台数だけでなく車検も基準のひとつです。

車検の為に最終の週に日程を合わせてみるのもいいでしょう。

比較をする事には全く問題はありませんが、
比較をされ、高圧な態度で交渉しては、誰でもいい気分はしませんので、
やんわりとほかの業者の見積もりをとっていることを伝えるも大切です。

格安業者も2店舗以上、最低でも1店舗は見積もりを取っておいてください。




加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】

車検をするときに注意点


1ディーラーに車検を依頼する際は、見積もりの段階から計画的に進めましょう。
2費用がプラスされるオプションは除外する

1ディーラーに車検を依頼する際は、見積もりの段階から計画的に進めましょう。

余裕をもって行動することが大切です。
複数の業者と迷っている方は、悩む時間も考慮しておくと焦って失敗せずにすみます。

事前に余裕をもって見積もりはもらったほうがよい

車検を行う業者の中には、見積もりを出さずに点検・整備へと進むケースがあります。

ディーラーは技術と質の面では安心ですが、想像よりも高額になるかもしれません。
一度車をみてもらい、詳しい見積もりを出してから検討しましょう。

点検や整備は予約制のため、休日に希望者が多くなる点にも注意が必要です。

2~3週間前では希望の日時に予約できない可能性もあるので、
1か月以上前から格安業者の見積もりをとり始めてみましょう。

2費用がプラスされるオプションは除外する

ディーラー側は車検で売上をあげようとするため、一見、不要不急に思えるような整備やオプションを含める場合があります。

見積もりを確認して十分な説明を聞いた上で、今はいらないなと感じる項目であれば、希望しない旨をはっきりと伝えましょう。

車検に必須の整備がわからない方は、ためらわずに直接相談してみましょう。

事前に格安車検での相見積もりを取っておく事で、不備がある・修理すべき部品などをひとつずつ確認する事が出来ます。

必要と思えるもののみを対応してもらう事でより費用を安く抑える事が出来るでしょう。

2年に1度の大きな出費を無駄なく賢く抑える事で、
今より、より良いカーライフをおくれる事を心より願っております♪

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HIDとは何なのか 車のヘッドライトの種類の一つであるHIDについて解説

HIDとは何なのか 車のヘッドライトの種類の一つであるHIDについて解説 【HID】とは High Intensity Discharge 高圧放電の頭文字を取った略語となります。 わかりやすくイメー …

調整式リアピラーバー適合表

メーカー車種型式駆動方式商品F/R適合商品 ダイハツアトレーワゴンS321G2WD調整式リアピラーバーリアLargus ラルグス 調整式リアピラーバー ダイハツ アトレーワゴン S321G 2WD ダ …

LED ポジションランプ 適合車種 車種別 一覧表 適合表

メーカー車種年式型式タイプ適合形状適合商品 LEXUSCTH23.1~ ZWA10 T10キャンセラー内蔵 LED T10 5W 10SMD 5630チップ 白 T10 led ウエッジ球 / T10 …

【車の下取りと買取の違い】賢いお車の売却方法をメリットとデメリットから考えてみました。

Contents1 結論2 高く売りたいなら買取、手間を省きたいなら下取り3 買取と下取りそれぞれのメリット・デメリットを表にまとめました。4 買取を利用するメリット・デメリットを説明していきましょう …

HIDヘッドライト適合表 ロービーム

メーカー【50音順】車種【50音順】年式型式タイプHIDヘッドライト/ロービーム      LEXUSGS350/430H17.8~ GRS19#/U …

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

最近のコメント